So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

京都へ5(10月22日) [ドナルド・キーン先生]

京都へ5(10月22日)

山田宗正老師に真珠庵をあちこちと案内して頂きました。

140 (640x480).jpg
140 (640x480).jpg
141 (640x480).jpg
142 (640x480).jpg
143 (640x480).jpg
146 (640x480).jpg
147 (640x480).jpg

nice!(0)  コメント(0) 

京都へ4(10月22日) [ドナルド・キーン先生]

京都へ4(10月22日)

山田宗正老師は、最近8月に件の会のメンバーで「ドナルド・キーン・センター柏崎」へ行かれたことなどを話されました。ありがとうございました。

勿論一休宗純のことも。キーン先生は、一休について最初に英語で詳しく論じた最初の研究者ですから、お二人の話は弾みました。

掛け軸の歌、

あまのさは ひがしの海を 流れ来て のちの小松の こずえとぞなる

についても老師は説明して下さいました。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%80%E4%BC%91%E5%AE%97%E7%B4%94

この掛け軸はコピーでしょうが、すばらしいです。

128 (640x480).jpg
130 (640x480).jpg
132 (640x480).jpg
134 (480x640).jpg
135 (480x640).jpg
136 (480x640).jpg

nice!(0)  コメント(0) 

京都へ3(10月22日) [ドナルド・キーン先生]

京都へ3(10月22日)

目的地の真珠庵に到着したのは、2時でした。門前でいたずらっぽく満面の笑みをたたえるドナルド・キーン先生です。

私は初めてですし、普段は公開していない寺院ですので私はわくわくでした。真珠庵へ行きたいと言ったのはキーン先生ではなくて私でした。実は。

司馬遼太郎さんと対談した御縁のあるお寺でしたから。それにご住職の山田宗正(そうしょう)老師とは黒田杏子さんが主宰する俳句の件(くだん)の会で「みなづき賞」をキーン先生が頂いた時にお目にかかっていました。その時に「いつか是非お立ち寄りください」と言って頂いていましたから。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%9F%E7%8F%A0%E5%BA%B5

山田宗正老師自ら直ぐにが出迎えて下さって、歓迎して下さいました。そしていろいろと説明して下さいました。

父ドナルド・キーンは、2004年『婦人画報』1月号で俳人の黒田杏子さんと対談していますが、その時が真珠庵でした。ですから2003年の8月10日に来たようです。そのことを山田宗正老師から指摘され父は思い出し、私もその雑誌のことを思い出しました。

http://echigo-kakutayu.blog.so-net.ne.jp/2014-02-25-1

118 (640x480).jpg
120 (640x480).jpg
122 (640x480).jpg
123 (640x480).jpg
125 (480x640).jpg
127 (640x480).jpg

nice!(0)  コメント(0) 

京都へ2(10月22日) [ドナルド・キーン先生]

京都へ2(10月22日)

車内で新居さんが買ってきて下さったとても美味しいお弁当とデザートがありました。

11時発の新幹線に乗って京都駅には、13:20頃に着いたようです。着くと直ぐにタクシー乗り場に向かい、チャータして下さったタクシーに乗りました。そして大徳寺に向かいました。

最後の写真は大徳寺の駐車場です。

105 (640x480).jpg
108 (640x480).jpg
114 (480x640).jpg
115 (480x640).jpg
116 (480x640).jpg
117 (480x640).jpg

nice!(0)  コメント(0) 

京都へ1(10月22日) [ドナルド・キーン先生]

京都へ1(10月22日)

小学館の雑誌『和楽』で連載していますが、取材や対談の為京都へ行きました。

先ず写真は、10月22日出発の東京駅で11時頃です。『和楽』の担当編集者、新居さんとのツーショットです。新居さんには連載の関係で何かとお世話になっています。他に父ドナルド・キーンのホームでの様子です。

095 (640x480).jpg
096 (640x480).jpg
097 (640x480).jpg
098 (480x640).jpg
099 (640x480).jpg
100 (480x640).jpg

nice!(0)  コメント(0)