So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

岩波書店の新日本古典文学体系第90巻「古浄瑠璃 説経集」 [古浄瑠璃について]

岩波書店の新日本古典文学体系第90巻「古浄瑠璃 説経集」 

最近、岩波書店から出ている新日本古典文学体系第90巻「古浄瑠璃 説経集」を買いました。とてもいい本です。

古浄瑠璃や説経浄瑠璃に興味をお持ちの方には是非お勧めです。

以前に、東洋文庫243の「説経節 山椒太夫・小栗判官他」(荒木繁、山本吉左右 編注)をご紹介したことがあります。東洋文庫243の「説経節」も手軽に持ち運べて文庫本感覚で読めて便利ですが、文字の大きさや注などの点では岩波書店の「古浄瑠璃 説経集」の方がずっと読み易く良いと思います。

因みに「古浄瑠璃 説経集」は1999年刊行ですし、「説経節 山椒太夫・小栗判官他」は昭和48年(1973年)ですから26年の差があります。

掲載されている説経節については、「説経節 山椒太夫・小栗判官他」はいわゆる五説経の山椒太夫、刈萱、信徳丸、愛護若、小栗判官プラス信太妻です。

一方、岩波書店の「古浄瑠璃 説経集」は、浄瑠璃御前物語、ほり江巻双紙、おぐり、かるかや、さんせう太夫、阿弥陀の胸割、牛王の姫、公平甲論、一心二河白道となっています。

また「古浄瑠璃 説経集」の校注には鳥越文藏先生の教え子の阪口弘之先生のお名前もありました。阪口先生は、昨年の7月わざわざ関西から新潟公演の「越後國・柏崎 弘知法印御伝記」を観に来て下さいました。

同じ下題の両方の注を読み比べてみるのも面白いと思います。

また挿絵は、「説経節 山椒太夫・小栗判官他」にはありませんが、「古浄瑠璃 説経集」には沢山あります。

明らかにいろんな意味で「古浄瑠璃 説経集」の方が充実していると思います。

 
001.jpg

003.jpg

004.jpg

八郎兵衛さんが出演される「中年楽団の一夜」(11月27日、28日)の情報は以下のブログをご覧下さいませ。 また12月1日のドナルド・キーン先生の「安吾賞授賞式」で越後猿八座が「弘知法印御伝記」六段目を上演することになりました。その情報についても以下のブログに掲載させて頂きました。 

http://echigo-kakutayu2.blog.so-net.ne.jp/


nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。