So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

撥の持ち方など2 [三味線や舞台に関すること]

撥の持ち方など2

 

小指は曲げて撥を握ることを前回お話しさせて頂きました。

基本的に、曲げた小指が三の糸を弾く時には、常に写真のように駒に僅かでも触れるようにしています。

そうでないと綺麗な音が出ません。

普通に三の糸を弾く時にはこのように小指が駒の下側か皮に少し触れています。

大きく弾く時は触れる必要はありません。

大きい音で激しく弾く時は、大きな撥使いで弾きますから自然と小指は写真の位置から離れてしまいます。

その様な場合、小指を伸ばして弾く三味線弾きもいたと思います。

102.jpg

 

103.jpg

 

104.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。