So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

得生院の公演(9月27日)160 [得生院公演(H21.9.27)]

得生院の公演(9月27日)160

 

弘知法印は往生の後、二段目で柳の前を切った馬子が現れ、悪所狂いし親の勘当を受けた者が仏になる訳はないと、矛で弘知法印の左の脇腹を突きますが眼がくらんで立ち竦んでしまいます。

 

『斯かる所に いにしへの柳の前を切ったる馬子 此の(ころ) 仕合(しあはせ)良く 出雲崎に有りけるが 此のを聞き「何 悪所狂いに 親の勘当得たる大悪人が そもや仏に成るべきか。狐たぬきの成るべし。生き仏ならば受けてみよ」と云ふままに 矛を以って 左の脇をちょうど突けば 忽ちみ 矛を捨て立ち(すく)みになる所に

IMG_0422.jpg

IMG_0423.jpg

(撮影:渡邊 リカルド)


コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。