So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

長岡で佐渡文弥人形上演会1 [佐渡の文弥芝居]

長岡で佐渡文弥人形上演会1

 

10月5日(日)に長岡の新潟県立歴史博物館講堂で、真明座(佐渡市真野)の佐渡文弥人形上演会がありました。八郎兵衛さんもご出演されるというので座員の何人かの皆さんが観に行かれました。

八郎兵衛さんからはメールで、

「観に来て下さった座員は、八雲、八尋、猿次郎、仙八、八桐、八島、与八の皆さん。それに柏崎の霜田文子さんだったと思います」

また、その後で、

NHKの川端真由子さんも来て下さいましたよ」

というメールを頂きました。

 

午前の部(10:30~12:00)

午後の部(13:30~15:00)

の二回公演でした。

座員の方達は、午前の部だけの方と午前の部と午後の部の両方を観られた方がおられたようです。

私は前もって八尋さんが観に行かれると聞いていたのでBlogの為に撮影して頂くことをお願いしてありました。

八尋さんの写真に従って私なりにご説明させて頂きたいと思います。私は今回はとても残念なことに行くことが出来なかったので、これまでに観てきた文弥芝居のことなどを踏まえての説明になりますのでご容赦下さい。

 

先ずは新潟県立歴史博物館の外観です。

IMG_0765.jpg

IMG_0764.jpg

IMG_0686.jpg

 

ポスターにじっと見入っているのは、仙八さんと猿次郎さんです。

IMG_0687.jpg

IMG_0690.jpg

 

八雲さんがポスターを指さして下っていて、猿次郎さんがなにやら上の方を見つめていす。

IMG_0696.jpg

 

玄関を入ったあたりの案内の前の様子でしょうか。仙八さん、八雲さん、与八さん、八桐さんがおられます。

IMG_0695.jpg

 

次は受付で、八桐さんと与八さんが記帳しています。

IMG_0697.jpg


コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。