So-net無料ブログ作成

『黄犬ダイアリー』出版祝賀会(12月19日)5 [ドナルド・キーン先生]

『黄犬ダイアリー』出版祝賀会(12月19日)5

会場は、170名のお客様で超満員でした。皆様に、『黄犬ダイアリー』のドナルド・キーンとキーン誠己のサイン入り、落款が押してある本がプレゼントされました。

呼びかけ人でいらっしゃる黒田杏子先生のお話しと司会で始まりました。黒田先生の司会は、いつも楽しくて魅力的です。

その後、件の会の同人の方達の自己紹介がありました。

030 (640x480).jpg
031 (640x480).jpg
033 (640x480).jpg
036 (640x480).jpg
037 (640x480).jpg
040 (640x480).jpg

nice!(0)  コメント(0) 

『黄犬ダイアリー』出版祝賀会(12月19日)4 [ドナルド・キーン先生]

『黄犬ダイアリー』出版祝賀会(12月19日)4

お花がいっぱい飾られていました。

私は、開場になる前に、リハーサルをちょっとさせて頂きました。

022 (640x480).jpg
023 (640x480).jpg
024 (640x480).jpg
025 (640x480).jpg
027 (640x480).jpg
028 (640x480).jpg

nice!(0)  コメント(0) 

『黄犬ダイアリー』出版祝賀会(12月19日)3 [ドナルド・キーン先生]

『黄犬ダイアリー』出版祝賀会(12月19日)3

12月19日の『黄犬ダイアリー』出版祝賀会は、俳人の黒田杏子さんと俳句の同人誌『藍生(あおい)』の同人の方達、件(くだん)の会といいますが、皆さんがご好意で父ドナルド・キーンと私の為に催して下さいました。

出版祝賀会は、以前はよくあったものだそうですが昨今はあまりこういう会を開催することはなく、私も初めての経験でした。いずれにしても大変光栄なことでした。

当日は、朝9時半に私の弟子の越後角壽太夫と、中央図書館の大橋さんが愛車でお手伝いに来て下さいました。

荷物を大橋さんのプリウスに積み込んで出かけました。父は1時間ほど後の出発でした。

山之上ホテルには10時過ぎに着いて、控室で準備を始めました。

会場に行ってみると、私には立派過ぎるくらいの舞台ができていました。

014 (480x640).jpg
016 (480x640).jpg
017 (640x480).jpg
018 (480x640).jpg
019 (480x640).jpg
021 (640x480).jpg

nice!(0)  コメント(0)