So-net無料ブログ作成

『黄犬ダイアリー』(平凡社)刊行記念サイン会(10月8日)4 [ドナルド・キーン先生]

『黄犬ダイアリー』(平凡社)刊行記念サイン会(10月8日)4

実は電話予約が思ったより多くなくて心配していたのですが、蓋を開けたら長蛇の列で、私の想像では100名を超えていたのではないでしょうか。

編集者の竹内さんには大変大変お世話になり、素晴らしい本になり、私が言うのも変ですが、大変好評のようです。

サイン会には、同じマンションに住んでいる方、町内の方、それから「飛鳥Ⅱ」の旅でご一緒だった方、『石川啄木』の書評を書いて下さった方、などなどいろんな方からお声をかけて頂きました。父へはプレゼントやお手紙も頂き、これにも感謝感激しました。

044 (640x480).jpg
045 (640x480).jpg
046 (480x640).jpg
048 (480x640).jpg
052 (640x480).jpg
053 (640x480).jpg

nice!(0)  コメント(2) 

『黄犬ダイアリー』(平凡社)刊行記念サイン会(10月8日)3 [ドナルド・キーン先生]

『黄犬ダイアリー』(平凡社)刊行記念サイン会(10月8日)3

サイン会が始まりました。父ドナルド・キーンにとっては、もう何回やったか分からないほどの、私にとっては初めての、それも父と一緒の記念すべき大イベントでした。

最初に書いた方に、私は、なぜかドナルド・キーンと書こうとしてようで、ドナとまで書いてびっくりして、深くお詫びしてキーン誠己と書き直しました。幸いとても良い方で、「これも良い記念です」と言って下さいました。ホッとしました。

皆さんと一言でもお話しできてとても楽しくもあり、また嬉しくもありました。サイン会はとても楽しいものだと思いました。

036 (640x480).jpg
037 (640x480).jpg
039 (640x480).jpg
040 (640x480).jpg
041 (640x480).jpg
042 (480x640).jpg

nice!(0)  コメント(0) 

『黄犬ダイアリー』(平凡社)刊行記念サイン会(10月8日)2 [ドナルド・キーン先生]

『黄犬ダイアリー』(平凡社)刊行記念サイン会(10月8日)2

超満員のお客様が列を成して待っていて下さり、驚いて、感激してしまいました。父はこういう光景に慣れているでしょうが、私は初めてなので感謝感激でした。たぶんですが100名以上はいらしたと思います。

大きな拍手で迎えて頂き父と私は着席しました。次に書店の方に紹介して頂き、サイン会が始まりました。

028 (640x480).jpg
030 (640x480).jpg
031 (640x480).jpg
032 (640x480).jpg
034 (640x480).jpg
035 (640x480).jpg

nice!(1)  コメント(0) 

『黄犬ダイアリー』(平凡社)刊行記念サイン会(10月8日)1 [ドナルド・キーン先生]

『黄犬ダイアリー』(平凡社)刊行記念サイン会(10月8日)1

昨日は、待望に『黄犬ダイアリー』刊行記念サイン会が、丸善・日本橋店三階特設会場で2時からありました。

『黄犬ダイアリー』の書籍化もタイトルも提案して下さった、編集者の竹内清乃さんが、12時半に迎えに来て下さって、丸善の控室には、ちょっと早かったのですが、1時過ぎには着いていました。

でも書店さん用の本にサインしたり、わざわざ来て下さった記者の方達と歓談しているうちあっという間にサイン会の時間になりました。

三枚目のようなサインと落款を皆様に書いたり押したりして差し上げました。

四枚目は、時間になったのでエレベータで会場に行くところです。毎日新聞の森さん、そして私達ふたりの為に、「黄犬」と「誠己」の落款を彫って下さった小田玉瑛先生も一緒に乗っておられます。

父の「黄犬」の落款は、確か昨年に彫って下さり、私の「誠己」の落款は今回の為に私からお願いして彫って頂きました。

そしてエレベータを降りると、会場が見えてきました。

017 (640x480).jpg
019 (640x480).jpg
020 (480x640).jpg
022 (640x480).jpg
025 (640x480).jpg
027 (640x480).jpg

nice!(0)  コメント(0)