So-net無料ブログ作成
検索選択

今月分「素顔の父 ドナルド・キーン」(10月28日) [ドナルド・キーン先生]

今月分「素顔の父 ドナルド・キーン」(10月28日)

10月も今日で終わりですが、10月分の新潟日報の連載「「素顔の父 ドナルド・キーン ともに暮らして」は、「食卓に息づく品々」と題して書いてみました。ちょっと今までとは違った視点だと思います。父も一読して、面白い!と言ってくれました。次回は続編を書こうと思います。どうぞよろしくお願い致します。

2016-10-28「素顔の父」食卓に息づく品々JPEG1.jpg
2016-10-28「素顔の父」食卓に息づく品々JPEG2.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

東洋文庫で「ドナルド・キーンさんと親しむ古浄瑠璃の世界」(10月23日)2 [ドナルド・キーン先生]

東洋文庫で「ドナルド・キーンさんと親しむ古浄瑠璃の世界」(10月23日)2

いよいよ東洋文庫の「ドナルド・キーンさんと親しむ古浄瑠璃の世界」、当日になりました。

父は、10時半頃から原稿に目を通し始めました。

私の舞台の荷物も整いました。

10時半に新潟から弟子の、越後角壽太夫君が手伝いに駆けつけてくれました。大事な助っ人です。それから、なんとなんと北区中央図書館の大橋さんが、愛車プリウスで急遽荷物を運んで下さることになりました。おお助かりでした。

三人で、大橋さんの車で、荷物を載せて11時頃出発しました。

東洋文庫に到着すると、学芸員の牧野さんと岡崎さんが迎えて下さいました。控室に入って、荷物をほどき始めました。

056 (640x480).jpg
057 (480x640).jpg
058 (640x480).jpg
059 (640x480).jpg
061 (640x480).jpg
062 (640x480).jpg

nice!(0)  コメント(0) 

10月22日(土) [ドナルド・キーン先生]

10月22日(土)

東洋文庫の「ドナルド・キーンさんと親しむ古浄瑠璃の世界」の前日です。

いわば、父ドナルド・キーンの講演会と私の演奏会のドッキングの会でした。本来なら、数日前からこの日の為のことにだけ集中したかったのですは、今回は急な用事がいろいろあって、極めて忙しい日が続き、この日になってやっと落ち着いて稽古や準備ができました。やはり演奏会直前は、万難を排してもそれだけに集中すべきだと思います。

写真は、朝食後お皿を洗う父。そしてサンドイッチの昼食。昼食後のデザート。夕食は、カレイの煮付けなどなどでした。

032 (480x640).jpg
038 (640x480).jpg
040 (480x640).jpg
042 (640x480).jpg

nice!(0)  コメント(0) 

10月2日(日)その3 [ドナルド・キーン先生]

10月2日(日)その3

トロンコーニから帰った後は、ご機嫌でコンピュータに向かいました。

夕食は7時半頃で、メインは本さわらの塩焼きと白身のお刺身、それと江戸時代の元政上人ゆかりのお寺の隆盛寺、それは平塚にあるお寺ですが、ご住職様が送って下さった大磯の美味しいかまぼこでした。

031 (640x480).jpg
032 (640x480).jpg
033 (640x480).jpg
038 (640x480).jpg
039 (640x480).jpg
040 (640x480).jpg

nice!(0)  コメント(0) 

10月2日(日)その2 [ドナルド・キーン先生]

10月2日(日)その2

孫、というよりひ孫くらいの若くてかわいい店員さんに見送られて、トロンコーニを後にしました。この日は特にどこにも寄らず、帰ったようです。夕日がきれいでした。

025 (640x480).jpg
026 (640x480).jpg
027 (640x480).jpg
028 (640x480).jpg
029 (480x640).jpg

nice!(0)  コメント(0) 

10月2日(日)その1 [ドナルド・キーン先生]

10月2日(日)その1

あまり意味はないのですが、10月2日に逆行してしまいました。

4時半頃買い物に出かけました。路傍の花に目を向けながら歩きました。

先ず行った先は、行きつけのケーキ屋さん、トロンコーニでした。もうおなじみで、店員さん達が皆、「キーン先生、いらっしゃい」と迎えて下さいます。

ショーケースの中を見て、これ!と指差して、買い求めました。

017 (640x480).jpg
018 (640x480).jpg
020 (640x480).jpg
021 (640x480).jpg
022 (640x480).jpg
023 (640x480).jpg

nice!(0)  コメント(0) 

群馬県立土屋文明記念文学館で講演31(10月2日) [ドナルド・キーン先生]

群馬県立土屋文明記念文学館で講演31(10月2日)

終わったはずの「群馬県立土屋文明記念文学館で講演」の項でしたが、関連の写真が出てきましたのでもう一回追加させて頂きました。

10月2日に講演原稿を読んでいるところです。16日の講演を前にして、この頃には声を出して原稿を読み、そして原稿を手直ししていたようです。父はいつもこのように準備を念入りにしています。今回は、特に恩師・角田柳作先生の為の講演でしたから先生に対する尊敬と愛情がこもっていたと思います。

011 (640x480).jpg
012 (640x480).jpg
013 (640x480).jpg

nice!(1)  コメント(0) 

朝日新聞夕刊の記事(10月26日) [ドナルド・キーン先生]

朝日新聞夕刊の記事(10月26日)

10月26日の朝日新聞の夕刊に、9月17日の「ドナルド・キーン・センター柏崎」三周年記念講演会のことが掲載されていました。写真は、池田功先生との対談の様子でした。

2016-10-26朝日新聞夕刊(キーンさん、新潟で公演)JPEG.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

10月21日(金) [ドナルド・キーン先生]

10月21日(金)

この日、修理の為に預けてあった見台が戻ってきました。たぶん2年ぶりくらいに、23日の東洋文庫でこの見台を使って弾き語りしました。

東洋文庫での会の為、準備に忙しくて、夕食は簡単にハンバーグでした。

046 (640x480).jpg
047 (640x480).jpg
029 (640x480).jpg

nice!(0)  コメント(0) 

朝日新聞に川端康成の手紙(10月25日) [ドナルド・キーン先生]

朝日新聞に川端康成の手紙(10月25日)

いつだったか忘れましたが6月頃だったでしょうか?物入れを整理していたら大変な手紙が出てきました。その手紙についての記事がこれです。

父に最初に見せた時、この手紙の存在を完全に忘れていました。しかし見るなり、「これは大変貴重な、意味のある手紙だ」と言いました。

文中で、川端康成はドナルド・キーンを称して「美しい人」と言っていました。

2016-10-25朝日新聞 川端康成の書簡JPEG.jpg

nice!(1)  コメント(0)