So-net無料ブログ作成

自分の小説を読む(2月20日)2 [ドナルド・キーン先生]

自分の小説を読む(2月20日)2

父は自作の、若い頃に書いた小説を、意外と面白いです、と言って熱中して読んでいました。若い頃の旅行のことが書いてあって、その頃のことが面白いのだそうです。他の人が読んだら左程面白くないかもしれない、とのことでした。

055 (480x640).jpg
056 (640x480).jpg
058 (640x480).jpg
059 (480x640).jpg
060 (480x640).jpg
061 (640x480).jpg

nice!(1)  コメント(0) 

自分の小説を読む(2月20日)1 [ドナルド・キーン先生]

自分の小説を読む(2月20日)1

夜の執筆が終わって、さあこれからお風呂でも、という時間、11時過ぎに父は突然若い頃書いた小説をコピーで読み始めました。

この小説は、1957年夏に書いたもので、二年前に新聞で話題にちょっとなりました。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG28020_Y4A620C1CR8000/

048 (640x480).jpg
049 (640x480).jpg
050 (480x640).jpg
051 (480x640).jpg
052 (480x640).jpg
053 (480x640).jpg
054 (480x640).jpg

nice!(0)  コメント(0) 

新しいシャツ(2月20日) [ドナルド・キーン先生]

新しいシャツ(2月20日)

私の姉が糸を染めて、織機で織ってくれたシャツ(縫製は別な方)が出来て来て試着しました。父はご機嫌でした。

045 (480x640).jpg
046 (640x480).jpg
047 (640x480).jpg

nice!(0)  コメント(0) 

講演の練習と昼食(2月20日) [ドナルド・キーン先生]

講演の練習と昼食(2月20日)

午前中は時間を計りながら、29日のオペラの講演の練習をしました。昼食は1時頃でした。

031 (640x480).jpg
033 (640x480).jpg
034 (640x480).jpg
036 (640x480).jpg

nice!(0)  コメント(0) 

待望の『石川啄木』、ついに発行(2月20日)2 [ドナルド・キーン先生]

待望の『石川啄木』、ついに発行(2月20日)2

父は、カバーの写真にも大変こだわりました。7月号の『文藝春秋』の巻頭エッセーにも書いた通りです。当ブログにも何度も書きましたが93歳で綿密に調べ上げ、これだけの書物をものにしたことは私にとって尊敬以外のなにものでもありません。啄木にこだわり続けた60年間の集大成です。啄木の研究者の方達には大変失礼な言いかたかもしれませんが、将来これを超える啄木論が書ける人はなかなか出ないのではないでしょうか?

また一方で、現在の最高の啄木全集である筑摩書房版の全面的改訂を希望します。文字が小さすぎること、索引がないことなど啄木程の人物の全集としてあまりにも貧弱過ぎると思われます。父も嘆き続けていました。

私個人としては、父がこの著書を私に捧げてくれたこと、つまり献辞をしてくれたことに心からなる感謝の気持ちをこの場を借りて現したいと思います。

父は献辞をすることを、英語でデディケイトする(dedicate)、とかデディケイションdedicationすると言うことが多いです。最近ようやく分かったのですが、欧米人の作家にとって、自著を誰にデディケイションするかということは、私達日本人が考えているより遥かに重要なようです。今回の場合も、父が私にdedicationしたことの意味は私が考えているより、ずっと大きいと思い非常に感動しました。献辞する際に、私の名前を本名の誠己(せいき)にするか、普段呼んでいる淺造(あさぞう)にするかふたりで大変悩みましたが、最終的に淺造に決めました。

026 (480x640).jpg
027 (640x480).jpg
029 (480x640).jpg
030 (640x480).jpg

nice!(0)  コメント(0) 

待望の『石川啄木』、ついに発行(2月20日)1 [ドナルド・キーン先生]

待望の『石川啄木』、ついに発行(2月20日)1

待ちに待ったドナルド・キーン著『石川啄木』がこの日に発行され、出版元の新潮社から著者見本が届きました。父にとって最後の大作と自身が考えているようで、感激の面持ちで見入っていました。表情は真剣そのものでした。

021 (480x640).jpg
022 (480x640).jpg
023 (480x640).jpg
024 (640x480).jpg
025 (640x480).jpg

nice!(0)  コメント(0)