So-net無料ブログ作成

酒井和也さんについてインタヴュー(1月21日)3 [ドナルド・キーン先生]

酒井和也さんについてインタヴュー(1月21日)3

高木さんの質問に答えるドナルド・キーンです。

071 (640x480).jpg
073 (640x480).jpg
074 (640x480).jpg
076 (640x480).jpg
078 (640x480).jpg
079 (640x480).jpg

nice!(0)  コメント(0) 

酒井和也さんについてインタヴュー(1月21日)2 [ドナルド・キーン先生]

酒井和也さんについてインタヴュー(1月21日)2

最近、ドナルド・キーンの恩師である角田柳作先生が脚光を浴びつつあり、ご出身の群馬県などで顕彰の動きもあるようですが、酒井さんもなんらかの形で脚光を浴びてしかるべき方だと思います。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A7%92%E7%94%B0%E6%9F%B3%E4%BD%9C

032 (480x640).jpg
035 (480x640).jpg
040 (640x480).jpg
044 (640x480).jpg
046 (640x480).jpg
049 (640x480).jpg

nice!(0)  コメント(0) 

酒井和也さんについてインタヴュー(1月21日)1 [ドナルド・キーン先生]

酒井和也さんについてインタヴュー(1月21日)1

「酒井和也」という名前は、父から一度も聞いたことがありませんでした。東京外国語大学の博士後期課程の高木佳奈さんという女性から、父にインタヴューの依頼があった時、私は父は断るだろうと思いました。こういう取材でお受けすることは極めて稀だからです。

ところが父は、私の想像に反して、あっさり、「お受けしましょう」と言いました。ちょっと驚きました。

「酒井和也」といういわば日本ではほとんど無名の人物について、私からは簡単には言えません。幸いインターネットで高木佳奈さんの論文を見つけましたので、お読みいただけたら幸いです。

https://lacsweb.files.wordpress.com/2015/05/22takaki.pdf

父から聞いた話で、父は酒井さんとはかなり親しかったそうです。父は、酒井さんに安部公房さんやオクタビオ・パスさんを紹介したようです。

父の勘は当たっていました。高木さんは若いけれど、着眼点がよく、これまでの研究、持参した資料、質問の内容など精度が高く、父としては、こういうことで珍しく褒めていました。私も地道にしっかり根を下ろして研究している方だな、と感じました。

取材の後で送って来られた原稿も、先ず私が読み優れたものだと思いました。父も後で同意見でした。

008 (640x480).jpg
009 (480x640).jpg
017 (480x640).jpg
020 (640x480).jpg
024 (640x480).jpg
026 (640x480).jpg

nice!(0)  コメント(0) 

私の連載、「素顔の父 ドナルド・キーン」(5月30日) [ドナルド・キーン先生]

私の連載、「素顔の父 ドナルド・キーン」(5月30日)

新潟日報の私の連載、「素顔の父 ドナルド・キーン」は、5月30日に掲載されました。3月のアメリカ旅行のニューヨークのことについて書きました。もっともっといろいろ書きたいことはありましたが、ジェーン・ガンサーとオペラのことに絞りました。お読みいただけたら幸いに存じます。

今月は何を書こうか今から悩んでします。種はしばらく尽きそうにありませんからご安心ください。

2016-05-30「素顔の父」ニューヨークJPEG1.jpg
2016-05-30「素顔の父」ニューヨークJPEG2.jpg

nice!(0)  コメント(0)