So-net無料ブログ作成

銀座にて(11月30日) [ドナルド・キーン先生]

銀座にて(11月30日)

この日は午前中に家を出て、病院に定期診断に行きました。ちょうどその病院に父の親しいアメリカ人の友人が入院していたのでお見舞いしました。

帰りに銀座近辺を散歩したり、昼食をとったりしながら帰りました。

054 (640x480).jpg
055 (640x480).jpg
056 (640x480).jpg

nice!(0)  コメント(0) 

書斎にて(11月29日) [ドナルド・キーン先生]

書斎にて(11月29日)

また去年に戻らせ頂きます。

夜6時過ぎの書斎での様子です。最後の写真は、夜10時過ぎです。

045 (640x480).jpg
046 (640x480).jpg
047 (640x480).jpg
048 (640x480).jpg
051 (640x480).jpg
053 (640x480).jpg

nice!(0)  コメント(0) 

早稲田大学の大隈講堂へ(4月19日)3 [ドナルド・キーン先生]

早稲田大学の大隈講堂へ(4月19日)3

大隈通りを抜けて大隈講堂に着きました。席に着いて、カメラを向けたら父はカメラに向かって吠えました。元気な証拠でしょう。

久しぶりに仕舞を観れ、そしてその後の、野村万作さんの「那須与一」は素晴らしかったです。万作さんはやはりすごいと思いました。

帰りはどこかで夕食をと思いました。考えあぐねた末に、西武池袋本店8階のレストラン街にきて以前にもはいったことのあるイタリア料理店で食事をしました。そしてまたJR駒込駅に戻りました。

096 (640x480).jpg
097 (640x480).jpg
099 (640x480).jpg
101 (640x480).jpg
103 (640x480).jpg
105 (480x640).jpg

nice!(1)  コメント(0) 

早稲田大学の大隈講堂へ(4月19日)2 [ドナルド・キーン先生]

早稲田大学の大隈講堂へ(4月19日)2

昔懐かしい都電に乗るのは父も私もとても好きです。特に私は、この路線(都電荒川線)で母校の大学に通ったこともあります。在学中に文楽の世界に入りましたので、ほんの一年くらいでしたが。

終点の早稲田で降りました。

090 (640x480).jpg
091 (640x480).jpg
093 (640x480).jpg
094 (640x480).jpg
095 (640x480).jpg

nice!(0)  コメント(0) 

早稲田大学の大隈講堂へ(4月19日)1 [ドナルド・キーン先生]

早稲田大学の大隈講堂へ(4月19日)1

早稲田大学の大隈講堂で「狂言の夕べ」があるというので、午後4時頃にでかけました。

JR駒込駅ではツツジが見事に咲き始めていて、父は大変喜びました。大塚駅で降りて都電の停留所に向かいました。

082 (640x480).jpg
083 (640x480).jpg
084 (640x480).jpg
086 (640x480).jpg
087 (640x480).jpg
089 (640x480).jpg

nice!(0)  コメント(0) 

「ドナルド・キーンの東京下町日記」の取材(4月19日)2 [ドナルド・キーン先生]

 「ドナルド・キーンの東京下町日記」の取材(4月19日)2

質問する鈴木さん。そして例によって表情豊かに答えるドナルド・キーン。

テーマは、今は秘密です。すみません。お楽しみに。

075 (640x480).jpg
077 (640x480).jpg
078 (640x480).jpg
079 (640x480).jpg
080 (640x480).jpg

nice!(0)  コメント(0) 

「ドナルド・キーンの東京下町日記」の取材(4月19日)1 [ドナルド・キーン先生]

「ドナルド・キーンの東京下町日記」の取材(4月19日)1

午前11時半から東京新聞の「ドナルド・キーンの東京下町日記」の来月分のインタヴューがありました。こういう時いつも記者の鈴木さんは、東京新聞宛てに届いた父へのファンレターを届けて下さいます。数に毎月違いがありますが、かなりの量があります。皆心のこもったものばかりで、父はいつも感謝の気持ちでいっぱいです。

066 (640x480).jpg
067 (640x480).jpg
070 (480x640).jpg
071 (640x480).jpg
074 (640x480).jpg

nice!(1)  コメント(0)