So-net無料ブログ作成

ルーマニア語の『徒然草』は重訳(4月14日) [ドナルド・キーン先生]

ルーマニア語の『徒然草』は重訳(4月14日)

ルーマニア語の『徒然草』が出版されて、数冊送られてきました。これはドナルド・キーンの英訳からの重訳だそうです。そのように明記されていました。

ルーマニア語はラテン語から来ているから、父はなんとなく読めるのだそうです。しばらく読んでいました。

075 (640x480).jpg
076 (640x480).jpg
077 (480x640).jpg
078 (480x640).jpg

nice!(1)  コメント(0) 

夕食と夕食後(4月14日) [ドナルド・キーン先生]

夕食と夕食後(4月14日)

昨晩は、サクラマスのムニエル、平目とマグロのお刺身がメインの夕食でした。

今日は午後に、NHKラジオの「ミュージック・イン・ブック」の録音があるので、夕食後分厚いシェークスピアの本をめくってなにか調べていました。本物の学者らしい風貌を感じます。

095 (640x480).jpg
097 (480x640).jpg
098 (480x640).jpg
099 (480x640).jpg

nice!(0)  コメント(0) 

ドナルド・キーンの海老リゾット(11月22日)3 [ドナルド・キーン先生]

 ドナルド・キーンの海老リゾット(11月22日)3

玉葱にピーマン、マシュルームをフライパンに入れてバターで炒めています。

057 (640x480).jpg
059 (640x480).jpg
060 (640x480).jpg
063 (640x480).jpg
064 (640x480).jpg
066 (640x480).jpg

nice!(0)  コメント(0) 

ドナルド・キーンの海老リゾット(11月22日)2 [ドナルド・キーン先生]

ドナルド・キーンの海老リゾット(11月22日)2

いつものようにニューヨークタイムズのCOOK BOOKとにらめっこです。英語では、SHRIMP WITH RICEていうんですね。香辛料もたくさん用意しました。先ず玉葱をみじん切りしたものをバターで炒めることから始まるようです。

048 (640x480).jpg
049 (640x480).jpg
050 (640x480).jpg
053 (640x480).jpg
054 (480x640).jpg
055 (640x480).jpg

nice!(0)  コメント(0) 

ドナルド・キーンの海老リゾット(11月22日)1 [ドナルド・キーン先生]

ドナルド・キーンの海老リゾット(11月22日)1

最近の得意料理に海老リゾットがあります。その過程の逐一を御紹介させて頂きたいと思います。

玉葱を切って刻むナイフさばきは、いつもの不器用な父とは違います。目つきが学者の目つきなのも不思議です。

031 (480x640).jpg
038 (480x640).jpg
040 (480x640).jpg
042 (640x480).jpg
046 (480x640).jpg
047 (640x480).jpg

nice!(0)  コメント(0)