So-net無料ブログ作成

いよいよ黒衣と頭巾を着けて稽古 [稽古の様子など]

いよいよ黒衣と頭巾を着けて稽古

 

8月1日(金)、2日(土)、3日(日)の三日間、佐渡・猿八での鳥越講座の試演会(8月30日)を前にした最後の稽古が行われました。実際には直前稽古が猿八で28日と29日にあるのですが。

そして今回の稽古は本番さながらに完成した出来たてのホヤホヤの黒衣と頭巾を着用しての稽古でした。先ずは黒衣と頭巾に座員の皆様に慣れてもらうために稽古の時は必ず黒衣と頭巾を着用することになりました。

黒衣と頭巾を着用すると、まだなんとなく借り物の衣裳という感じは否めませんが徐々に着慣れてくれば皆さん素敵に似合ってくるでしょうし、すでに2日(土)においては全員が黒衣と頭巾を着用しただけで稽古場の雰囲気ががらりと変わりました。

座員の方からは、頭巾を長く被っていると蒸せてくる、などの意見も聞かれましたが慣れることが第一でしょう。

やっぱり黒衣を着ると人形や動きが引き立ちます。

そして八郎兵衛さんからは、動きをもっと大きく明瞭にという注意がありました。

私からは稽古の時でも常に本番だと思って集中して遣って下さい、と注文させて頂きました。

 

写真(8月2日)についてです。

一枚目は、全員の黒衣を寸法の測ることから縫製まで全て引き受けて下さった阿部八桐(やぎり)さん(右)と、そのお隣は井浦八楽(はちらく)さん(左)でしょうか。

二枚目は、黒衣姿の座員たちですがちょっと壮観ではないでしょうか。

三枚目は、小休止する五十嵐八菊(やぎく)さん、井浦八楽(はちらく)さん、岩原猿之丞(えんのじょう)さんの三人です。

最後は、おやつの時間で高橋八左衛門(やざえもん)さんからの美味しい干し柿の差し入れでした。中央のGパン姿は若松仙八(せんぱち)さんでこの日は稽古不参加でしたが、私がお願いした最新録音テープをコピーして駆けつけて下さいました。いつもこういうことは仙八にお願いするのですが本当に有難うございます。

018.jpg

013.jpg

008.jpg

028.jpg


コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0