So-net無料ブログ作成
検索選択

ハムレット番外編 其の二 [越後角太夫の古浄瑠璃への試み]

ハムレット番外編 其の二

 

「ハムレット番外編 其の一」で忘れていたことがありました、衣装のデザイン時広真吾さんでした。時広さんはこのシリーズには長く関わっておられますので栗田さんの意向を汲まれて登場人物に応じて、常に能楽堂の舞台に相応しい個性的で特徴のある衣裳をデザインされていると思いました。私の衣装もおそらく浄瑠璃から発想されたと思いますが、着物、袴、羽織をイメージさせる大胆なものだったと思います。最初はゆったりし過ぎかなあと感じたのですが、何回か着ているうちにとても快適になり大いに気に入りました。

 

スナップ写真三枚です。

最初は、ローゼンクランツ役の村上康洋君とギルデンスターン役の名和和嘉子さんのお二人です。いいコンビでした。

次が、私の浄瑠璃で人形振りを見事に演じ切ってくれた三人娘、左から永宝(ながとみ)千晶さん、磯野知世さん、大山真絵子さん。浄瑠璃のリズムや抑揚、それに三味線にも早く慣れてくれたのには驚きましたし(やっぱり間違いなく日本人の音感を持っています)、自分たちなりに語ったり三味線のリズムを刻んだりしながら自習研究しているのにも感心しました。何回もやっている内に暗記してしまったのですね。メイクも魔的な感じでユニークでしょう。そうそう、制作助手の諸橋優ちゃん、彼女も確か若くて二十歳だったでしょうか、楽屋にいることが多かったのにモニターから聞こえてくる私の浄瑠璃を聴いていて覚えてしまったらしく、何気なく口ずさんでるのを聴きました。勿論非常に嬉しかったし、優ちゃんの語りが意外と形になっているのも驚かされました。いずれにしても若い人たちは吸収が早いということでしょうね。

最後の三枚目の写真が、私の音楽のパートナー、ピアニスト横山道子さんとのスナップです。地元新潟の大学生だそうです。おそらくご両親以上に年の離れた私のお相手をして下さって有難うございました。栗田さんの意向を汲んで作曲や演奏、それに振付にまで大活躍で、新潟にもこんな逸材がいたのかと感心しました。若い頃から栗田さんのような優れた演出家でありそして役者さんの下でじっくり指導して頂き修行できることはとても素晴らしいと思いました。

そういった意味では他の役者さん達も同様だと思います。老婆心ながら私から若い有望な役者さんたちへの要望は、もっとしぶとく栗田さんに喰らいついていって欲しいと感じました。必死で喰らいついていけばいく程栗田さんは皆さんに多くの物を間違いなく返して下さいます。遠慮は禁物です。これも勿論私の文楽時代に師匠や先輩から学んだことですが、言うは易し行うは難し、ですよね。

005.jpg

010.jpg

053.jpg


コメント(1)  トラックバック(2) 

コメント 1

松也

あさやん、頑張ってますね、お互いに健康が一番だから無理しないでね
三味線弾きが要るときはいつでも言ってくださいね、手伝いに行きますよ
そう言えば時広真吾さんは面識あります、宜しくお伝えください。
私の作った創作浄瑠璃のCDを送りますから、住所教えて下さい
ではでは、ご自愛くださいませ
松也
by 松也 (2009-02-12 23:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この記事のトラックバックURL: